登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア「他国の核廃棄物を貯蔵する用意がある」

© AP Photo / Rick Bowmer核廃棄物
核廃棄物 - Sputnik 日本, 1920, 31.10.2021
フォローする
ロシアは自国領土に他国の核廃棄物を貯蔵する用意がある。2021年10月31日にスコットランド・グラスゴーで開幕する世界気候変動会議を前に、ロシア安全保障会議のニコライ・パトルシェフ書記が明らかにした。
パトルシェフ書記は「ロシアは、原子力を21世紀の重要なエネルギー源として認識する国々から核燃料(編注:使用済み核燃料)を受け入れる用意がある」と述べ、ロシアでは環境に害を与えることなく核廃棄物を安全に貯蔵していると強調した。
29日、再処理ウランを格納した仏のコンテナ20個が経由地のダンケルク港に到着。コンテナはこの後サンクトペテルブルクに送られ、最終地のセヴェルスクで処理される。一方で生態学者らは、再処理プロセスが放射性廃棄物生成と関係するため、再処理ウランがロシアに単に貯蔵されることを危惧している。
1年前、日本も核廃棄物の最終処分能力を強化していることが報道された。NUMO(原子力発電環境整備機構)は北海道で高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の選定と建設に向けた第一段階の活動を開始している。
関連ニュース
ノーベル医学生理学賞が発表 「生命の最重要プロセス」の解明に功績
中国、冷却水を必要としない世界初の環境にやさしい原子炉建設へ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала