登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

中国の復讐:欧州で数千企業の活動が停滞

© AP Photo / Martin Meissner工場
工場 - Sputnik 日本, 1920, 31.10.2021
フォローする
欧州の金属加工・生産企業の代表らは、中国製マグネシウム不足に起因する悲惨な事態について警告している。同資材がないことで欧州での生産停滞のリスクは計り知れないものとなる。欧州アルミニウム協会がサイトで明らかにした。

欧州とマグネシウムの関係

マグネシウムは、アルミニウムや鋳鉄、鉄鋼とともに、軽量で耐久性のある合金を創造する冶金産業で広く利用されている。これは最軽量の素材で、
産業的規模で活用されている。アルミニウム合金は鉄鋼の重量の4分の1程度で、また、簡単に加工することができる。そのため、アルミニウムが使用される分野は、自動車および航空機産業がベースとなる。
環境目的の終焉? 中国が大規模な停電で自然に有害な枯渇燃料を増産 - Sputnik 日本, 1920, 11.10.2021
環境目的の終焉? 中国が大規模な停電で自然に有害な枯渇燃料を増産
欧州でのアルミニウムの需要は、世界の生産量の約17%を占めており、欧州自体も最低限必要な量を生産している。欧州連合(EU)は、アルミニウム供給の95%を中国に依存している。しかし、9月に中国政府は、アルミニウム製錬工場50ヶ所中30工場を閉鎖し、残りの工場での製錬量を半減されると決定した。その結果、欧州のマグネシウムの価格は1トンあたり2000ドル(約22万8000円)から、年始には最高1万から1万4000ドル(約114万円から約160万円)まで高騰した。欧州アルミニウム協会の専門家らは、11月末には欧州のマグネシウムのストックは完全に枯渇し、完全な崩壊ではないとしても、欧州産業に非常に深刻な事態をもたらすと予想している。

中国が急激にマグネシウム生産を削減した理由

この数年、中国は世界のマグネシウム生産量の80%から85%を占めてきた。しかし、中国は、2060年までにカーボンニュートラルを達成するという世界的発表を前に自国に責任を課し、「クリーンエネルギー」への移行を積極的に取り組みはじめた。しかし、その熱意を示したために、2021年9月にはすでに国内の電力不足に見舞われるという事態に陥った。このように、中国のマグネシウム生産削減の原因となったのはエネルギー危機だった。
欧州は自分で自分の首を絞めた形となった。「グリーンな転換」を世界に求めることで、EU各国の実業家らは、他国を踏み台に自分たちの経済的優位を保とうと考えたが、その結果、破滅の瀬戸際に立たされることとなった。中国のマグネシウムがないことで、数千の欧州企業と数百万の職場がリスクに見舞われ、それには自動車や航空機産業、機械製造、建設業といった重要な経済分野も含まれる。
通信社「スプートニク」は以前、エネルギー不足が世界の経済先進国でもダメージとなったと報じている。たとえば、中国では政府が電力消費で規制を設け、西側諸国でもっとも大規模な買い物シーズンに工場の操業を停止しなくてはならなくなった。
関連ニュース
中国は今後、他国に新規石炭火力発電所を建設しない=習近平国家主席
気候災害の危険性があるのに? 中国、有害な生産能力の増強を発表
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала