登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

派遣軍の駐留延長発表したトルコにシリア側が批判の声明を発表

© Sputnik / フォトバンクに移行Президент Сирийской Арабской Республики Башар Асад во время интервью информационному агентству "РИА Новости"
Президент Сирийской Арабской Республики Башар Асад во время интервью информационному агентству РИА Новости - Sputnik 日本, 1920, 31.10.2021
フォローする
トルコがイラクとシリアに展開する部隊の駐留延長を決定した事態を受け、シリア政府はトルコ議会の決定を批判し、こうした措置は地域の安定を損なうとして撤回を要求した。シリア外務省の声明で明らかになった。
先にトルコのタイイップ・エルドアン大統領はシリア領から「奇襲を繰り返すテロ組織」に「忍耐の堪忍袋の緒が切れた」と表明し、自国の軍でもって脅威を排除するとした。

 - Sputnik 日本, 1920, 16.10.2021
トルコ兵を乗せた車両がシリア北西部で爆破、負傷者発生【写真】
トルコ議会は26日、イラクとシリアに派遣している部隊の駐留を2年にわたって延長する決定を下した。ロシア外務省はトルコが予定してる軍事作戦について、シリアの主権を考慮する必要があると表明している。
シリア外務省が発表した声明には、次のように記されている。
シリアは、イラクとシリアに派遣している部隊をトルコ大統領の決定によって2年間にわたって延長するというトルコ議会の決定を厳しく批判する。
シリア側は、エルドアン大統領の政策が地域と世界の安定、及び安全保障を脅威にさらすほか、国連安保理決議に違反するものと指摘している。
シリア政府は国連安保理決議、及び主権国家の防衛に関する国際法に基づき然るべく対応する権利を持つと指摘している。
関連ニュース
アフガンにおける米軍の敗北は新たな戦争を引き起こす=シリア大統領
バイデン氏、対トルコ制裁を1年延長=ホワイトハウス
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала