登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

豪首相は嘘をついている=仏大統領 潜水艦契約破棄問題を巡り非難

© REUTERS / Pascal Rossignolマクロン仏大統領
マクロン仏大統領 - Sputnik 日本, 1920, 01.11.2021
フォローする
フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、オーストラリアのスコット・モリソン首相が潜水艦契約破棄問題をめぐって嘘をついたと述べた。
マクロン氏とモリソン氏は28日、両国の関係において危機が生じて以来、初めて電話会話を行った。マクロン氏は、オーストラリア政府が両国の関係を再定義するために具体的な行動示すべきであると主張した。また、フランスとの潜水艦契約破棄にまつわる決定は、両国の信頼を損なうと述べた。
伊ローマで開催されたG20サミットの傍ら、マクロン氏は、オーストラリアの記者からモリソン氏が嘘をついたと思うかと問われ「そう思うのではない。そうだと知っている」と答えた。
また、モリソン氏を信頼できるかという質問に対しては「モリソン氏がどうするのか見てみよう。敬意を抱いている相手には、誠実で一貫性のある行動をとるべきだということだけは言っておきたい」と語った。
フランス - Sputnik 日本, 1920, 29.10.2021
「AUKUS」をめぐるスキャンダルでもフランスは米国との協力を再開
一方、モリソン首相自身は嘘をついていないと表明し、マクロン氏には6月の時点で、フランスの造船会社ナバル・グループの潜水艦はオーストラリアのニーズを満たさないだろうと語っていたと明らかにした。
シドニー・モーニング・ヘラルド紙は「従来の潜水艦は我々の戦略的利益を満たすことができず、国益に基づいて決定を下さなければならないことを明かした」というモリソン氏の言葉を引用している
関連ニュース
豪首相 ASEAN首脳に「AUKUS」への理解を訴え
米英豪の新たな軍事同盟「AUKUS」について我われは何を知っているのか?
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала