登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

WHO G20にパンデミック阻止の2兆6550億円の支援要請

© REUTERS / Denis BalibouseЛоготип Всемирной организации здравоохранения в Женеве
Логотип Всемирной организации здравоохранения в Женеве - Sputnik 日本, 1920, 01.11.2021
フォローする
フランスのテレビ局France 24の報道によれば、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長はG20諸国に対し、来年2022年、最貧国に新型コロナウイルスの治療薬、ワクチンを保障するWHOの計画に財政支援を行うよう呼びかけた。テドロス事務局長は、500万人の人命を救い、パンデミックに終止符を打つために234億ドル(2兆6650億円)が必要だと主張している。
France 24によれば、COVID-19対策手段へのアクセス加速を担当する「アクセレーター・ファンディング・トラッカー」の責任者、カール・ビルトWHO特別代表は、テドロス局長が出した234億ドルという金額は「パンデミックが世界経済に与えているダメージに比べれば」極めて控えめと指摘し、これを使って貧困国の軽度・中等度のコロナウイルスの治療のために米製薬会社メルク・アンド・カンパニー社の実験的な抗ウイルス剤を援助した場合、目覚ましい助けとなるだろうと述べている。同社の医薬品による治療は試算で1回あたり10ドル(およそ1140円)程度。
France 24の報道によれば、貧困国のコロナウイルス対策のために最も積極的に資金調達をしている国の1つ、ノルウェーは、中低所得国140カ国に送られた4億本のワクチンでは、WHOが目標とする40%の接種率を達成できないとして、G20各国にパンデミック阻止のための新たなコミットメントを求めている。また、WHOの専門家らも現在の先進国でのブースター・ワクチンの接種数は、貧困国で行われた総接種数を3倍上回ると指摘している。
先日、スプートニクは、WHOのテドロス事務局長がコロナウイルスのパンデミック阻止のために必要な公衆衛生上および医療上の手段は全て揃った反面、世界はこれまでそれらのツールを十分に活用してこなかったとする見解を伝えている。
関連ニュース
米ユタ州保健局、新型コロナワクチン接種率が最も高い星座を発表
パンデミック開始からの医療者のコロナ死者数 10万人を超える WHO
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала