SMBC日興証券に強制調査 社員の不正取引疑惑で

新丸の内ビルディング - Sputnik 日本, 1920, 02.11.2021
日本の証券会社「SMBC日興証券」の社員らが不正な株取引を繰り返していた疑いがあるとして、強制捜査証券取引等監視委員会が、金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で関係先として今年6月に同社本社を強制調査していたことが分かった。2日、日本のメディアが伝えた。
関係者によると、SMBC日興証券の本社(東京都千代田区)勤務の複数の社員らは昨年ごろ、大株主が大量に保有する株を手放す取引の仲介に関連し、特定の銘柄を意図的に維持させるため、不正に株の取引きを繰り返した相場操縦の疑いが持たれている
監視委員会は押収した資料を分析するなどして取引の実態解明を進めている。なお、社員らは調査に対し、取引の違法性を否定しているという。
同社は2日、監視委の強制調査を認め、引き続き調査に協力していくと表明した。そのうえで「調査に引き続き協力していく。お客さまらにご迷惑をおかけし、心よりおわびする」と謝罪した。
三菱UFJが米地銀株を8000億円規模で売却
トランプ氏一族の企業 税務不正で起訴か
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала