登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

4億4500万年前の大量絶滅は気候変動に関連

© Sputnik / Ilya Timin / フォトバンクに移行4億4500万年前の大量絶滅は気候変動に関連
4億4500万年前の大量絶滅は気候変動に関連 - Sputnik 日本, 1920, 03.11.2021
フォローする
地球で4億4500万年前に起きた大量絶滅で海洋生物のほぼ85%が絶滅した。このっ大量絶滅の原因としてたてられた仮説のひとつに、海水中の酸素欠乏説が唱えられている。この学説がネイチャー・ジオサイエンス誌に発表されている。
研究者らは深海部の調査で酸素欠乏症の痕跡を発見した。これについて科学者らは、海水の循環の変化によって酸素量の多い水がより水深の深いゾーンの浅い海に停滞したのが原因ではないかと予想している。
この結果、研究者らは、環境カタストロフィーを起こした原因が気温の変化にあったと帰結を結んでいる。
関連ニュース
研究者 1900万年前の謎のサメの大量絶滅を発見 現代でも起こる可能性
英国で新たに2種の大型恐竜を発見
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала