登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

犬に会話から単語を識別する能力があることが判明

キバ - Sputnik 日本, 1920, 03.11.2021
フォローする
ハンガリーの研究者らは、犬は会話からいくつかの単語を識別するために、人間と同じ脳の領域を使用していることを明らかにした。研究結果が学術誌『カレントバイオロジー』に発表された。
子どもたちは会話の流れから新しい言葉を選び出し、それが何を意味するか理解する前に記憶する能力がある。ある言葉が終わって別の言葉がはじまるのを区別するため脳は複雑な計算を行い、その後、会話の中で頻繁に耳にする音声の組み合わせを幼児は記憶すると、研究者らは指摘する。
研究者によれば、多くの動物種は、子どもと同じように人間の会話を処理しているという。ハンガリーの研究者らは、人間の会話の流れの中から個々の言葉を選定する能力がペット犬にあることやその判断は脳波によって行われることをテストし、その際に、動物の脳のどのような神経メカニズムが関与しているかを確認した。研究結果では、頻繁に発生される言葉と稀にしか使用されない言葉には、犬の脳波には違いがあることが示された。こうしたプロセスは小さな子どもの脳内と同じと言える。
また、研究者らは、滅多に聞くことのない言い回しと頻繁に耳にする言い回しを比較し、犬の脳波の違いを観察した。この観察では、犬には、頻繁に聞く言葉だけでなく、しばしば会話の中で耳にするさまざまな言い回しを記憶する能力があることが明らかとなった。このように研究は、言語習得の際に重要な役割を果たしているいくつかの計算および神経プロセスは、人間だけでなく犬も使用していることを示した。
通信社「スプートニク」は以前、動物学者らが何匹かの犬には非常に高い学習能力があることを指摘している。
関連ニュース
ブラジルでペット犬が飼い主から道理的補償を受ける権利を獲得
ウクライナとイタリアのサッカーの試合に犬2匹と馬が乱入
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала