登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

シンガポール 重症のコロナ感染者に自宅にとどまる選択肢

© 写真 : Apple Inc. シンガポール
シンガポール - Sputnik 日本, 1920, 03.11.2021
フォローする
重症で治癒の見込みのないコロナウイルス感染者には入院の必要はなく、患者自身も自宅にとどまることを選択するのであれば、自宅で療養を続け、死を迎えるチャンスを与えるほうがいい。シンガポール国立大学感染症病院の医療コンサルタントのデイル・フィッシャー教授のこうした見解をザ・ストレイツ・タイムズ紙が報じた。
フィッシャー教授は「こうした患者は自宅においておくべきだ。患者本人にも家族にも健康保健システムにもその方がいい」と述べ、その理由を99歳の男性がコロナ感染の診断後、自宅療養を許された例を挙げながら説明した
男性を診察していた医者はザ・ストレイツ・タイムズ紙からの取材に対し、男性にとっては自宅療養病院の負担も増えないため、より妥当な方法だったと語っている。シンガポールの法律ではこうした患者には入院の義務はなく、常に医師の判断にゆだねられている。
スプートニクは、シンガポール政府が10月、新規感染者数の増加にもかかわらずロックダウンを行わない方針を明らかにしたと報じている
関連ニュース
シンガポール 新型コロナワクチン未接種者は2022年1月から出社禁止
シンガポール ワクチン接種未完了者、カフェやショッピングセンター利用不可
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала