登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

バイデン大統領がトルコに抗議、露製ミサイルの購入で懸念を示す

© REUTERS / EVELYN HOCKSTEINU.S. President Joe Biden gestures towards members of the media as he arrives at the White House following a stay in Delaware, in Washington, U.S., August 10, 2021.
U.S. President Joe Biden gestures towards members of the media as he arrives at the White House following a stay in Delaware, in Washington, U.S., August 10, 2021. - Sputnik 日本, 1920, 04.11.2021
フォローする
ジョー・バイデン大統領は週末にイタリアのローマで開催された20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の枠組みでトルコのタイイップ・エルドアン大統領と会談し、トルコがロシア製の防空ミサイルS-400を運用している点について懸念を表明した。米国務省のネッド・プライス報道官が明らかにした。
G20サミットはイタリアの首都ローマで10月30日から31日にかけて開催された。バイデン大統領はトルコとの同盟関係を確認し、北大西洋条約機構(NATO)のパートナー国としての重要性も指摘した。それと同時に、バイデン大統領はトルコがロシア製防空ミサイルS-400を購入した事実について懸念を表明した。
米国はトルコに対し、懸念を「極めて明確に」示したほか、米国のF35プログラムからトルコを追放することとなった経緯について伝えたという。

 - Sputnik 日本, 1920, 07.09.2021
トルコ大統領が自著を出版、世界秩序の見直しを呼び掛け
ロシアとトルコは防空ミサイルシステムS-400に関する契約を2017年に交わした。これらのミサイルは2019年の夏から秋にかけてトルコに納品された。
関連ニュース
派遣軍の駐留延長発表したトルコにシリア側が批判の声明を発表
トルコが米国と討議 F-35戦闘機のための14億ドルの返済がテーマ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала