登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

岸田首相、第二次内閣発足まで外相を兼務

© AP Photo / Eugene Hoshiko岸田首相
岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 04.11.2021
フォローする
日本の岸田文雄首相は、辞任の意向を示していた自民党の甘利幹事長の後任に、茂木外務大臣の起用を決めた。これを受けて、11月10日に第2次岸田内閣が発足するまで自ら外務大臣を兼務することを明らかにした。NHKが報じた。
先に甘利幹事長は衆議院選の小選挙区で立憲民主党の候補者に敗北し、幹事長辞任の意向を表明していた。

岸田首相は総理大臣官邸で記者団に対し「茂木外務大臣は、きょう、総務会で了承されたならば、自民党幹事長に就任することに伴って、外務大臣を離職することになる。そうなったら、次の組閣までは私が外務大臣を兼務させていただきたいと思う」と発言し、11月10日に予定されている第2次岸田内閣の発足までの間、みずからが外務大臣を兼務することを明らかにした。
関連ニュース
停滞または発展?岸田政権下で露日関係はどうなるのか?日本人専門家に聞く
プーチン大統領が岸田首相を「実に経験豊かな人物」と評価、平和条約締結に向けた交渉の前進に期待を示す
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала