過去最高齢の被爆者代表、長崎の岡信子さん死去

岡信子さん - Sputnik 日本, 1920, 05.11.2021
長崎原爆で負傷者らの救護活動に当たり、今年8月の長崎市の平和祈念式典で過去最高齢の被爆者代表として「平和への誓い」を読み上げた岡信子さんが日本時間4日午前8時42分、肺がんのため長崎市内の病院で死亡した。93歳だった。共同通信が報じている。
岡さんは1945年8月9日、長崎市の爆心地から約1.8キロの自宅で被爆。当時16歳で看護学生だった。岡さん自身がケガを負い、父の行方も分からない中で、市内最大の救護所で被爆者の救護に当たった。
岡さんは数年前から、若い世代に原爆の悲惨さを証言する活動を続けてきた
関連ニュース
被団協の坪井代表委員が死去 核兵器廃絶運動で尽力
菅首相、長崎平和式典の遅刻を謝罪
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала