登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米研究チーム、甘い炭酸飲料と早期老化の関連性を発見

炭酸飲料 - Sputnik 日本, 1920, 06.11.2021
フォローする
米国の研究チームは、糖分の多い炭酸飲料と早期老化について、細胞レベルでの関連性を突き止めた。米公衆衛生協会の機関誌に報告が掲載されている。
専門家らは、全米健康栄養調査の一環で1999年から2002年に得られた年齢20-65歳の5309人の体調データを分析。
炭酸飲料をよく摂取する場合、慢性疾患の発達リスク増加と寿命短縮に関連するDNA領域であるテロメア(染色体の末端部の構造物)が短く、それに対して定期的に生絞りジュースを飲む人のテロメアは長くなっていることがわかった
共同執筆者の1人、心理学専門のエリッサ・エペリ教授は、甘い炭酸飲料は発病リスクを高めるだけではなく、寿命を縮めるとしている。この関連性が発見されたのは初のことだと強調した。
同教授は、今回の調査対象は成人のみだったが、調査結果は子どもにも当てはまると指摘している。
関連ニュース
研究者が指摘 脳機能に対する水泳の効果
研究者が長寿の秘密に関して新たな説を提起
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала