登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
羽生選手 - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
フィギュア特集

フィギュアGP第3戦 男子は鍵山が逆転優勝、コリヤダが銀

© Sputnik / Olga Benar / フォトバンクに移行Фигурное катание. III этап Гран-при. Мужчины. Произвольная программа
Фигурное катание. III этап Гран-при. Мужчины. Произвольная программа - Sputnik 日本, 1920, 07.11.2021
フォローする
イタリアのトリノで開催のフィギュアスケートのグランプリシリーズ(GP)第3戦のイタリアグランプリは男子のフリー・スケーティング(FS)が終了した。総合成績で日本の鍵山優真選手がショートプログラム(SP)7位からまさかの逆転優勝を果たした。ロシアのミハイル・コリヤダ選手が銀メダル、イタリアのダニエル・グラスル選手が銅メダルを獲得した。
FSが終了し、鍵山選手が接戦の末、金メダルを獲得した(278.02ポイント)。
ロシアのコリヤダ選手は4ポイント差で銀メダルにとどまった(273.55ポイント)。
同じくロシアから出場していたピョートル・グメンニク選手、ドミトリー・アリエフ選手はいずれも振るわず、8位と9位にとどまった。
FS後のコメントでコリヤダ選手は「ミスがあったものの、あまりひどいものではなかった、感情の面ではよくできていた。観客にはどうもありがとうと言いたい。今後も頑張ります」とコメントし、昨シーズンよりも自信に溢れた滑りができたことに満足感を示した。
一方、2020年欧州選手権優勝者のドミトリー・アリエフ選手は8位にとどまった。SP、FSともにミスが目立ち、不調が続いていることを認めたものの、その理由については記者団に明かさなかった。
関連ニュース
フィギュアGP第3戦 女子FSは1位シェルバコワ、2位フロミフ、3位はヘンドリックス
ISU世界ランキング シェルバコワ1位、紀平は3位
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала