日本 岸防衛相、「いずも」を視察

© AFP 2022 / Toshifumi Kitamura「いずも」
「いずも」 - Sputnik 日本, 1920, 08.11.2021
日本の岸防衛相は8日、軽空母化に向けて改修工事中の海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を視察した。
岸氏は記者団に「いずも」について「新たな安保環境に対応し、広大な太平洋側を含むわが国の海と空の守りについて、しっかりとした備えを行うためには、『いずも』型護衛艦を改修して、洋上においてF-35Bの離発着を可能とすることが、わが国の防衛政策の遂行上、必要不可欠であるというふうに考えている」と述べた。日本の防衛省が発表した。
10月、「いずも」艦上で米海兵隊のF-35Bステルス戦闘機を使った発着試験が初めて実施された。
いずも型護衛艦の1番艦「いずも」は2015年に就役、2017年には2番艦「かが」が就役した。両艦の排水量は1万9500トン、全長は248メートル。現在は、最大で14機のヘリコプターを搭載することが可能。乗員数は約470人。改修後は、短距離離陸、垂直着陸ができるF-35B ステルス戦闘機10機を搭載することができる。
中国の王毅外相 - Sputnik 日本, 1920, 01.11.2021
米中外相が会談 台湾問題をめぐり見解の違いが鮮明も対話継続で一致
「いずも」は現在、甲板の耐熱性強化など、第一段階の改修が終了している。改修工事は2020年代末に完了する予定。
日本は、2023年までに米国からF-35B を18機購入する計画。1機あたりの価格は約1億3000万ドル(約147億円)。長期計画では計42機を購入するとされている。2024年に運用が開始される見込み。
関連ニュース
北朝鮮 「砲撃競技」実施
日本とドイツ 太平洋で合同軍事演習を開始
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала