登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

コロナウイルスの鼻組織への侵入は、認識障害を引き起こす可能性がある=研究チーム

ストレス - Sputnik 日本, 1920, 08.11.2021
フォローする
米テキサス大学ガルベストン校のスロボダン・プレスラー教授率いる米日の研究チームは、シリアンハムスター(ゴールデンハムスター)の実験で、コロナウイルスの嗅上皮への侵入が、意識機能と関連する脳の領域における長期的な障害の発症を伴うことを発見した。研究論文がプレプリントサーバーbioRxivに掲載された。
研究チームは、コロナウイルスに感染したハムスターの脳の嗅球の機能や、梨状皮質及び記憶の中枢である海馬など、脳の他の領域の機能障害を確認した。研究チームは、シリアンハムスターの実験ではウイルスが脳に侵入しなかったケースでもこれらの障害が発生したと指摘している。これらの障害の痕跡は、回復から1カ月半が経過しても、ハムスターの神経組織に残っていたという。
ファイザー製のワクチン - Sputnik 日本, 1920, 08.11.2021
新型コロナウイルス
ワクチン反対派、証明書を発行してもらうため医師に賄賂を支払う 医師は本物のワクチンを接種 ギリシャ
研究チームは「我われの観察は、シリアンハムスターが新型コロナウイルスに感染すると、偶発的に、嗅上皮だけでなく、意識機能で重要な役割を担っている脳の領域にも長期的な変化が引き起こされることを示した。これらの障害は、ウイルスが神経組織に侵入しなかった場合にも発生した」と発表した。
研究チームは、今後の実験が障害発症のメカニズム解明に役立つことに期待している。
関連ニュース
ベネズエラ 2歳以上の子どもにワクチン接種を開始
新型コロナウイルス、ヒトの脳にダメージ=北米研究チーム
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала