Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

英国、11月22日からWHO承認のワクチンを緊急使用リストに追加 中国製含む

© AFP 2022 / Fabrice Coffrini英国
英国 - Sputnik 日本, 1920, 09.11.2021
英国政府は、22日からWHOが承認した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を認める。英国運輸省が声明を発表した。
英国運輸省による声明には「11月22日より、政府はWHOの緊急使用リストに加えられたワクチンを承認する。したがって、中国のシノバックシノファーム、およびインドのコバクシンが、入国向けに承認されたワクチンのリストに追加される」と述べられている。
ワクチンの完全接種を行い、135か国のいずれかで証明書を受け取った入国者は、出発前および到着後8日目に検査を行う必要がなくなり、自己隔離を行う必要がなくなる。今後、入国者は、英国に到着後2日以内に迅速検査を行うだけで済むという。
ファイザー製のワクチン - Sputnik 日本, 1920, 08.11.2021
新型コロナウイルス
ワクチン反対派、証明書を発行してもらうため医師に賄賂を支払う 医師は本物のワクチンを接種 ギリシャ
英国では、ファイザー/バイオエヌテック、アストラゼネカ、モデルナ、ヤンセン(J&J)のワクチンに加え、22日からはWHOが承認した中国のシノバック、シノファーム、およびインドのコバクシンのワクチンも有効となる。
英政府はまた、18歳未満の未成年の入国者に対し、ワクチンの完全接種を行ったものとして規則を適用し、隔離、出発前検査、および到着から8日後の検査を免除する。代わりに、到着時に迅速検査を行うことが義務付けられ、陽性が判明した場合は無料のPCR検査の実施を求められる。
関連ニュース
「シノバック」ワクチン インドネシア、6歳以上の子どもへの使用を承認
米国、11月8日から入国者へのワクチン接種義務づけ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала