登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

日本 イプシロンロケット5号機打ち上げ 小型衛星9機を搭載

© AFP 2021 / Stringer内之浦宇宙空間観測所
内之浦宇宙空間観測所 - Sputnik 日本, 1920, 09.11.2021
フォローする
日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日午前10時ごろ、小型衛星など9機を搭載した「イプシロン」ロケット5号機を、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。
搭載された9機の小型衛星には、民間企業や大学が開発したもののほか、高専10校が開発した木星の電波を観測する衛星も含まれている。
打ち上げは当初、今年10月1日に予定されていたが、設備のトラブルや天候の影響で合わせて3回延期された
固体燃料ロケット「イプシロン」5号機は、全長26メートル、直径2.6メートル、重さ96トン。打ち上げ費用は58億円。
エッフェル塔の大きさの小惑星が地球に接近中 - Sputnik 日本, 1920, 09.11.2021
IT・科学
エッフェル塔の大きさの小惑星が地球に接近中
前回、7機の小型衛星を搭載した「イプシロン」4号機の打ち上げは、2019年1月に行われた
JAXAによると、イプシロンは「高性能と低コストの両立を目指す新時代の固体燃料ロケット」で、「ロケットの打ち上げをもっと手軽なものにし、宇宙への敷居を下げる」ことを最大の目的としている。
関連ニュース
NASA 今月後半、小惑星に衝突させる実験機打上げ DART計画
日本版GPS衛星「みちびき」搭載のH2Aロケット、打ち上げに成功=NHK
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала