登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

Mastercard アジア太平洋地域向けの暗号通貨カード発行へ

© Flickr / Håkan Dahlström MasterCard 指紋スキャナ付きカードに移行
MasterCard 指紋スキャナ付きカードに移行 - Sputnik 日本, 1920, 09.11.2021
フォローする
Mastercardは、暗号通貨によるクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードをアジア太平洋地域で発売する計画を発表し、この目的で香港のスタートアップ企業Amber Group、オーストラリアの暗号通貨取引所CoinJar、タイの取引プラットフォームBitkubとパートナーシップ契約を締結したことを明らかにした。
Mastercardのウェブサイトによると、暗号通貨の保有者は、支払いの際にデジタル資産をファイアット通貨に変換できるようになる。
現在、アジア太平洋地域では暗号通貨への関心が記録的に高まっており、Mastercardの実施した世論調査では同地域の市民の45%が来年2022年に暗号通貨を使用した決済を検討していることがわかっている。反面、昨年2020年の時点ではこうした考えを持つ市民の割合は12%にも満たなかった。
Mastercardが初の暗号通貨カードを発行したのは2020年夏。英国の暗号通貨決済システムWirexのプロジェクトとパートナーシップの一環として発行されたが、使用対象者は欧州の市民に限定されていた。
関連ニュース
コロナ禍のオンラインショッピング購買額 98兆円超に達す
Mastercard代表 ビットコインの主たる問題を指摘
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала