登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

子犬の残虐な殺害で米国男性に10年の懲役判決

© Sputnik / Vitaliy Belousov / フォトバンクに移行アメリカン・ピット・ブル・テリア
アメリカン・ピット・ブル・テリア - Sputnik 日本, 1920, 10.11.2021
フォローする
ピット・ブル・テリア犬を残虐に殺害したとして米国のブレンダン・エバンスに10年の懲役刑が言い渡された。事件は2017年に発生した。弁護士のコメントを引用しAP通信が報じた。
報道によれば、重傷の子犬のオリーが2017年10月にハリウッドで発見された。虐待者はこの子犬をスーツケースの中に入れていた。オリーの身体にはナイフによる傷が50ヶ所以上確認され、獣医に搬送されたが2日後に死亡した。
この事件に怒り、関心を持った市民らが虐待者の逮捕に6万ドル(約678万円)の賞金を発表した。その後、警察がスーツケースに残されたDNAの鑑定からエバンスを発見した。
キバ - Sputnik 日本, 1920, 03.11.2021
犬に会話から単語を識別する能力があることが判明
エバンスの部屋の捜査では、猫の手足やネズミの死体、浴室とキッチンの血痕、また、2本のナイフと鉈が発見されている。はじめこの男は罪を認めなかったが、4年が過ぎたところで白状した。
エバンスは2017年以降拘留されている。当初、彼は17件の動物虐待で起訴され、懲役85年が言い渡される可能性がある。弁護士によれば、男は精神疾患を患っており、薬が処方されているという。
関連ニュース
スゴイ! 交通事故で足を無くし、二足歩行を習得の犬 米国【動画】
伝統か慈悲の心か? 韓国大統領が初めて犬肉食禁止を検討
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала