登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

がん患者の10年生存率、58.9% 前回より0.6ポイント上昇=日本国立がん研究センター

© Depositphotos / RbhavanaРаковая клетка в теле человека
Раковая клетка в теле человека - Sputnik 日本, 1920, 10.11.2021
フォローする
日本の国立がん研究センターは10日、2005年から2008年に「がん」と診断された15歳以上の患者約12万人の10年後の生存率が、前回の調査より0.6ポイント上昇し、58.9%だったと発表した。日本のメディアが報じた。
同センターは、日本全国のがんを診療する医療機関32施設で、10年生存率は約12万600人、5年生存率は約15万1600人の患者情報を集計。10年生存率は、2000年から2003年の54.2%と比べて4.7ポイント増加した。
がんの種類別で生存率が最も高かったのは前立腺がんの99.2%。次いで乳がん(87.5%)、甲状腺がん(86.8%)、子宮体がん(82.3%)など。最も低かったのはすい臓がんの6.6%だが、前回の調査より0.4ポイント改善した
10年生存率が向上していることについて、データを集計した群馬県衛生環境研究所の猿木信裕所長は「治療法の進歩が背景にある」と指摘。また、「がんは治る病気で、ともに生きることができる病気になりつつあると言える」と述べた
関連記事
日本 子宮頸がんワクチン接種の「積極的勧奨」再開へ=厚労省
無視してはいけないがんの15の症状
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала