新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

眠りについての従来の説が覆される

© Depositphotos / HayDmitriy 眠りについての従来の説が覆される
眠りについての従来の説が覆される - Sputnik 日本, 1920, 10.11.2021
スイスのローザンヌ大学病院の研究者グループが脳波が遅くなった時に深い睡眠に入るという従来の説を覆す研究結果を発表した。本研究の成果は、学術雑誌「Current Biology」に掲載された。
研究者らは、慢性的な不眠症に悩む患者らに何が起きているかを入念に調べた
研究の結果、不眠症に悩む人の場合、遅い脳波の眠りと速い脳波での眠りがある程度重なっており、起きているときと眠っているときが同時に存在していることが結論づけられた。
研究者らはこの発見によって遅い脳波が必ず深い眠りやその後の熟睡感を示すという従来の考え方が覆されたと考えている。
関連ニュース
睡眠不足の解消にコーヒーは効果なし 神経学者が証明
研究者らが解明 コーヒー好きの人の脳にはどんな変化が生じるか
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала