イスラエル空軍がシリアを空爆、シリア兵2名が負傷

© 写真 : SANAシリアの首都ダマスカス
シリアの首都ダマスカス - Sputnik 日本, 1920, 10.11.2021
イスラエル空軍がシリア南部のホムス県に空爆を実施した。これによりシリア兵2名が負傷した。シリア各派和解調整センターで副所長を務めるヴァジム・クリチ少将がブリーフィングで明らかにした。
イスラエル空軍のF15戦闘機6機がレバノン北部からシリア領空に侵入し、ホムス県の軍事施設に向けて8発のミサイルを発射した。
この空爆により、施設の一部が破壊されたほか、2名のシリア兵が負傷した。
シリア軍は今回の空爆に対し、ロシア製の対空防御システム「ブーク」(ブナの木)と「パーンツィリ-S(鎧)」を運用し、発射されたミサイル8発のうち、6発の撃墜に成功した。
関連ニュース
イスラエルにペリカンの大群 餌を求め貯水池で休憩
イランが米国によるタンカー拿捕を阻止したと表明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала