登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

国際宇宙ステーションに中国の宇宙ゴミが衝突するおそれ

© 写真 : NASA/Roscosmos国際宇宙ステーション国際宇宙ステーション
国際宇宙ステーション国際宇宙ステーション - Sputnik 日本, 1920, 10.11.2021
フォローする
中国の気象衛星の破片が12日に国際宇宙ステーション(ISS)に接近することから、ロシアの国営宇宙開発企業「ロスコスモス」が危険レベルの研究を行っている。同企業のプレスサービスで発表された。
発表によれば、「中間報告によれば、宇宙機器『風雲1号C(FENGYUN-1C)』の破片が、11月12日の早朝4時頃(モスクワ時間)に国際宇宙ステーションに接近する」とされる。
中国の気象衛星「風雲1号C」は2007年に中国の対衛星兵器の実験中に撃ち落とされた。
日本人宇宙旅行者 前澤氏と平野氏が健康診断に合格 - Sputnik 日本, 1920, 02.11.2021
日本人宇宙旅行者 前澤氏と平野氏が健康診断に合格
通信社「スプートニク」にロケット・宇宙分野の情報筋が伝えたところによれば、ロシア航空管制センターは、10日の夜に中国の宇宙ゴミからISSを回避させる操作を行う可能性があるという。
情報筋は、「ステーションの高度を1.2キロ上昇させる可能性があり、その際、補給船『プログレスMS-18』が使用されることになる」と語った。
同情報筋によれば、操作は、先日打ち上げられた宇宙船「クルードラゴン」のドッキング(モスクワ時間11月12日3時10分を予定)を妨げないように前もって行われる。このことは、宇宙旅行者が搭乗する「ソユーズMS-20」の12月の打上げと着陸には影響しない。
関連ニュース
ゴミとバクテリア-国際宇宙ステーションはまるで「雑然とした部屋」
気球で成層圏へ 宇宙旅行の新たな選択肢が登場へ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала