Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

日本の研究者が解明 新型コロナのパンデミックの長期化が精神面に与える影響

© Depositphotos / Ryanking999女性(アーカイブ写真)
女性(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 12.11.2021
日本の研究者が、新型コロナウイルスのパンデミックの前後で、人々の精神的健康の指標を比較し、ほとんどの精神的症状が悪化したと指摘した。研究者らによれば、人がもっとも辛い経験をしているのは社会的孤立だという。
パンデミック直前の2019年12月に日本の心理学者が日本国民2274人を対象としたオンライン調査を実施した。この調査は、2020年に2回、2021年に1回繰り返された。調査参加者は精神的症状に関する質問に答える必要があり、それにもとづき精神症状を「うつ病」「アルコール」「社会的孤立」「一般的な精神的負担」の4つのグループに分類した。
新型コロナウイルス - Sputnik 日本, 1920, 11.09.2021
新型コロナウイルス
精神状態の悪化は新型コロナ感染の原因になり得る 感染症の専門家が指摘
調査の結果、アルコール問題を除くすべての症状が、パンデミック中に悪化したことが判明した。
研究者によれば、パンデミックの深刻な心理的影響は、まさに社会的孤立に起因するいう。感染拡大による社会不安やインターネット依存症は、社会的孤立を招き、それがまた社会不安やインターネット依存症を助長すると、熊本大学大学院生命科学研究部の朴秀賢準教授は強調する。この悪循環を断ち切ることができるのは、生のコミュニケーションだけだと指摘がされる。
また、研究者は、一般的に男性よりも女性の方がパンデミックに対する心理的な抵抗力が強いと指摘する。
関連ニュース
睡眠の質と精神障害発症の関連性
アレルギーと精神障害の関連が確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала