登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

鹿児島で今季2例目の鳥インフル 約3万8500羽を殺処分

© Sputnik / Nikolai Khizhniak / フォトバンクに移行ニワトリ
ニワトリ - Sputnik 日本, 1920, 13.11.2021
フォローする
鹿児島県は13日、出水市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの陽性が確認されたと発表した。共同通信が伝えている。
鹿児島県出水市の養鶏場で多数の鶏の死骸が発見され、遺伝子検査の結果、H5型の高病原性鳥インフルエンザの陽性が確認された。これにより、飼育する採卵鶏約3万8500羽の殺処分が始められた
また、NHKによると、この養鶏場の半径3キロ以内を、養鶏場などからニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内をその地域からの出荷を禁止する「搬出制限区域」にそれぞれ指定し、周辺の幹線道路を通行する畜産関係の車両の消毒を行うという
Pack of Wolves Try Taking on a Polar Bear || ViralHog - Sputnik 日本, 1920, 12.11.2021
オオカミの群れ、ホッキョクグマに挑む カナダ
日本では10日、秋田県横手市で今シーズン初めて鳥インフルエンザが検出された
関連ニュース
伊豆諸島に軽石のようなものが漂着
タイの刑務所で犬を飼育 受刑者の鬱を克服するための試みが導入へ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала