Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新型コロナと容易に混同される可能性のある危険な病気

のどの痛み - Sputnik 日本, 1920, 14.11.2021
EBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス)によって引き起こされる伝染性単核球症は、季節性感染症や新型コロナウイルス感染症に類似した症状を示す。Sabahが報じた。
伝染性単核球症とその他の感染症の主な違いは、リンパ節の腫れ。また扁桃腺炎、肝機能障害、脾臓損傷などの症状もよく見られる。
EBウイルスの主な感染源は、体液、特に唾液。感染した血液の輸血や感染した臓器の移植によっても感染する。
伝染性単核球症は比較的ゆっくりと進行する。症状、発熱、喉の痛み、関節痛、頭痛、疲労、発疹、リンパ節の腫れなどの症状は、感染から4〜6週間後に出現することがある。
Sabahは「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を背景に、伝染性単核球症の診断は容易ではなくなった。違いは、リンパ節、扁桃腺、肝臓、脾臓の腫れによって理解することができる」と報じている。
周囲の人にうつさないためには、衛生管理に気を配ったり、頻繁に手洗いをしたり、人との接触を避けたり、タオルや食器などを共有しないことなどが必要。また伝染性単核球症は、脾臓の腫れを引き起こし、強い負荷によって脾臓が損傷を受ける可能性があるため、病気のときは身体活動や武道などのコンタクトスポーツを制限することが重要だという。
関連ニュース
WHOテドロス事務局長 抑制不可能な新ウイルスの出現を警告
コロナのパンデミックが災い 長年進歩の結核予防対策は逆戻り WHO
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала