登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

レーニンの遺体は、遅かれ早かれ霊廟から運び出される=ロシア正教会

© Sputnik / Vladimir Fedorenko / フォトバンクに移行レーニンの霊廟
レーニンの霊廟 - Sputnik 日本, 1920, 14.11.2021
フォローする
ロシア正教会モスクワ総主教管区の外部教会関係局は、現在モスクワの赤の広場の霊廟に安置されているウラジーミル・レーニンの遺体について、防腐処理を施した遺体を首都に安置するのは過去の異物であるため、遅かれ早かれレーニンの遺体は霊廟から運び出されるだろうとの考えを示した。
TVチャンネル「ロシア24」の番組で、司会者が、若者たちはレーニンの埋葬について前の世代よりも頻繁に議論し、近代国家の「首都の中心部に埋葬されていない指導者の遺体があるのは少なくとも非文明的だ」という見方を示すようになったと指摘した。
これに対して、対外教会関係局局長を務めるヴォロコラムスクのイラリオン府主教は「遅かれ早かれレーニンが霊廟から運び出されるということに私は疑いを抱いてさえいない。なぜなら、防腐処理を施された遺体が首都の中心部に安置されているのは、実際に過去の遺物であるからだ(中略)なんらかのコンセンサスが見いだされ、遺体が埋葬されることを願っている」と述べた。
昨年9月、スプートニクは、レーニン廟の再利用コンセプトを競うコンクールが中止になったと報じた。大勢の人が激しい否定的な反応を示した。
関連ニュース
米国でレーニンの遺体の購入に5000万ドル超を用意
芸術家がレーニンの遺体を購入しニューヨークに新しい霊廟の建設を提案
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала