登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

睡眠時の無呼吸ががんの発症を示している可能性 研究で明らかに

睡眠 - Sputnik 日本, 1920, 14.11.2021
フォローする
寝ている間に無呼吸になる「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」が、がんの発症を示している可能性があることが、欧州肺財団の研究者らによって明らかにされた。米CNNが報じている。
研究者らによると、閉塞性睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に10秒以上呼吸が止まること。睡眠時に突然いびきが止まり、呼吸も止まる。通常はその後、大きないびきをかいて、再び呼吸を始めることが多い。
健康にとってもっとも良い就寝時間 - Sputnik 日本, 1920, 10.11.2021
IT・科学
「ゴールデンタイム」:健康にとってもっとも良い就寝時間
無呼吸になると、気道が部分的にふさがれ、血液中の酸素濃度が低下し、睡眠障害や、強い疲労感が生じると指摘されている
研究者らは今回、この症状を持つ人が、がんと診断されることが多いことを明らかにした。このリスクがあるグループは、女性よりも男性に多いという。
関連ニュース
ガンの進行リスクを高める2種類のビタミン
ガンを予防する5つのスパイス
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала