登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

バイデン政権、インテルの中国での増産計画に反対=ブルームバーグ

Intel Headquarters - Sputnik 日本, 1920, 15.11.2021
フォローする
米国のバイデン政権は、インテルの中国での半導体増産計画に反対の立場を示した。インテルは、中国で増産することで世界的な半導体不足を緩和する計画だったが、バイデン政権は安全保障上の懸念を表明した。ブルームバーグが報じた。
ブルームバーグによると、インテルは四川省成都にある工場で、半導体製造において使用されるシリコンウエハーの製造を提案した。同社は、2022年末までに稼働させて、世界的な半導体不足の緩和を図る計画だった。
一方、インテルが開発と生産を拡大するための支援を求めた後、バイデン政権は安全保障上の理由から強く反対した。ブルームバーグによると、バイデン政権は「重要部品の生産の米国回帰」を目指しており、インテルの中国での増産計画はこうした目標にそぐわないという。
関連ニュース
「需要は増加する」―半導体不足に関する状況を専門家が分析する
インテルの次世代プロセッサーの仕様が明らかに
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала