登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国、対中関税引き下げを検討する用意がある

© AP Photo / Andy Wong中国と米国の旗
中国と米国の旗 - Sputnik 日本, 1920, 15.11.2021
フォローする
米国は、トランプ前米大統領が導入した対中関税の引き下げを検討する用意がある。ジャネット・イエレン米財務長官が明らかにした。
イエレン氏はCBSのインタビューで「米通商代表部のキャサリン・タイ代表が述べたように、我々は(中国との)貿易協定の第一段階を再び調査しており、複数の分野での関税引き下げの要求を認識している。これは確実に検討される」と述べた。
トランプ前政権は、中国からの鉄鋼やアルミニウムなどの一連の輸入品にさまざまな関税を課し、これが米国の消費者市場にインフレ圧力を引き起こした。
これらの関税は、年間およそ4000億ドル相当の米国への輸入品に影響を及ぼし、さまざまな評価によると、消費者に500億ドル以上の負担が生じる可能性がある。
関連ニュース
米中はイラン、北朝鮮、気候変動で協力可能=米国務省
中国外相 米国に台湾独立の試みに対抗するよう求める
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала