生命の痕跡を求め土星の衛星タイタンにドローン発進へ

© 写真 : NASA / JPL-Caltech / Space Science Institute生命の痕跡を求め土星の衛星タイタンにドローン発進へ
生命の痕跡を求め土星の衛星タイタンにドローン発進へ - Sputnik 日本, 1920, 15.11.2021
欧州宇宙機関(ESA)は土星の衛星タイタンに向けミッション「ポセイドン」を発進させる準備を進めている。ミッションではドローンを活用し同衛星の極地地帯や河川、湖の調査が予定され、また、大気や地質に関するデータ収集が行われる。また、生命の痕跡についても探索が予定される。フォーブス誌が報じた。
ミッション「ポセイドン」では2つのドローン部隊が編成され、軌道上および同衛星表面で探査を行うことが予定される。軌道上に留まるドローンは、同衛星から若干離れた大気の調査を実施する。衛星タイタンの地表に向けられるドローンがどのようなタイプなものになるかは、現在、まだ最終的な決定に至っていないと同誌は報じている。ESAの専門家によれば、タイタンの海や湖に潜水可能なフローティングタイプのドローン、あるいは同衛星表面の調査が可能な数機のミニ飛行ドローンとなる可能性がある。これらドローンは大気の調査および土壌の写真撮影を行う。
この間、機関の専門家らはさらに、土星の衛星についてよりくわしく知るための手段は、タイタンの水分と地表の研究を組み合わせることにあるという考えに傾倒している。この場合、湖や河川に進水する機器が基幹的な要素となる。つまり、同機器は、充電ステーションとしての役割を果たし、ミニ飛行ドローンが送信する情報収集拠点となる。
ミッション「ポセイドン」の過程では、研究者らは、現在、明らかになっていない衛星タイタンの大気の季節的な変化について研究も行うことを予定している。
通信社「スプートニク」は以前、以前、研究者らは、土星の第2衛星エンケラドゥスの海洋に生命体の痕跡の可能性を発見したと報じている。
関連ニュース
中国、火星着陸の動画を公開
地球では実験室のみ存在する有機化合物 土星の衛星タイタンで発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала