英リバプール タクシー運転手が自爆テロ犯を車内にロック 産婦人科の爆破を未然に防止

© AFP 2022 / Fabrice Coffrini英国の旗
英国の旗 - Sputnik 日本, 1920, 16.11.2021
11月14日午前、英リバプール市にある欧州最大の産婦人科病院「リバプール・ウイメンズ・ホスピタル」の建物付近でタクシーが爆発するテロ事件が起きた。運転手は爆発の寸前に表に飛び出して無事。またその際に車内に自爆テロ犯を閉じ込め、ドアをロックすることに成功した。BBCが報じている。
警察にテロの通報が入ったのは現地時間で11月14日10時59分。通報を受けてパトカー、消防車、爆弾処理班が現場に駆け付けた。地元のフィル・カリガン消防長によれば、火災発生時刻は11時で、タクシー内では2つの爆発装置が作動している。
リバプールのジョアン・アンダーソン市長は、タクシーの運転手は「英雄的行為」で「無残なカタストロフィー」の発生を食い止めたという声明を表した。タクシーの運転手は客が爆破装置を所持していることに気づき、車外に飛び出し、装置が作動する寸前にドアをロックすることに成功した。運転手は外傷と火傷を負って、病院に搬送されたが、容体は安定している。
事件の起きた11月14日は英国では戦没者追悼の日(11月の第2日曜)が営まれており、11時には2分間の黙とうが宣言される。テロ事件は11時になる寸前に起こされている。テロの2時間後、リバプール地区の公園では「テロ防止法に従い」、21、26、29歳の3人の男が警官につかまっている。
関連ニュース
カンヌ警官攻撃 フランスではテロ行為がありふれたものになった=マリーヌ・ルペン氏
テロを1週間前に予測できるシステムが開発される
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала