登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

フリーダ・カーロの自画像、約3500万ドルで落札 最高額更新 ニューヨーク

© AFP 2021 / Angela Weissフリーダ・カーロの自画像「Diego y yo(ディエゴと私)
フリーダ・カーロの自画像「Diego y yo(ディエゴと私) - Sputnik 日本, 1920, 17.11.2021
フォローする
競売大手サザビーズは、米ニューヨークで行われたオークションで、メキシコの画家フリーダ・カーロの自画像「Diego y yo(ディエゴと私)」が、約3490万ドル(約39億8000万円)で落札されたと発表した。
サザビーズのTwitterアカウントは「フリーダ・カーロの1949年の自画像『Diego y yo』は3490万ドルまで競り上がり、約800万ドルで落札された過去の競売における同画家の最高額を更新した。この謎めいた作品は、カーロ最後の「半身」の自画像で、1954年に彼女が亡くなる前に制作され」と発表した。
「Diego y yo」はカーロの自画像で、その額には夫で画家のディエゴ・リベラの顔が描かれており、リベラには第3の目がある。サザビーズによると、この作品は、ブエノスアイレスのラテンアメリカ美術館などを創設したエドゥアルドF.コスタンティーニ氏が落札した。
フリーダ・カーロ(1907-1954)は、その47年の生涯の中で、100点を超える作品を残しており、ナイーブアートやフォークアート、純粋なシュルレアリスムなどに位置づけられている。カーロの作品は世界中の美術館や個人コレクターなどが所蔵している。
関連ニュース
ワクチンの必要性を説く女帝エカテリーナ2世の書簡 ロンドンでオークションへ
あの『ハリポタ』の主人公たちが再びスクリーンへ? シリーズ20周年記念の特別エピソードが撮影か
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала