登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

アストラゼネカ社 症状を伴う新型コロナの進行リスクを83%低減する製薬を開発

© Sputnik / Vladimir Trefilov / フォトバンクに移行アストラゼネカ
アストラゼネカ - Sputnik 日本, 1920, 18.11.2021
フォローする
アストラゼネカ社が開発した抗体ベースのコロナウイルス予防薬が症候性の新型コロナウイルスの進行リスクを83%低減することが研究結果によって示された。
同社の報告によれば、これは、効果が長期継続する2つのモノクローナル抗体を組み合わせた製薬AZD7442の第3相試験におけるはじめての研究となった。
ロンドン 新型コロナウイルス - Sputnik 日本, 1920, 05.11.2021
新型コロナウイルス
英国、新型コロナ経口治療薬「モルヌピラビル」承認 世界初
同社の公式ウェブサイトで公表された報告では、「300ミリグラムのAZD7442を1回投与された協力者を6ヶ月間観察したところ、プラセボと比較して症候性の新型コロナウイルスの進行リスクが83%低減した」と強調されている。
また、追加の研究では、症状の発現から3日以内に治療した場合、この製薬が新型コロナの重症化または死亡のリスクを88%低減させることが示された。
関連ニュース
致死の物質がコロナからの救世主に 共同研究
アストラゼネカ社製ワクチンとの組み合わせ接種の効果を評価=The Lancet Regional Health
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала