登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ワニの骨格標本 「おもちゃ」と偽り密輸の疑い 名古屋の会社社長を逮捕

© 写真 : Pixabay / Anrita1705Голова крокодила в воде
Голова крокодила в воде - Sputnik 日本, 1920, 18.11.2021
フォローする
ワシントン条約で輸入が国際規制されている大型ワニ「アメリカアリゲーター」の骨格標本を米国から密輸入したとして、日本の警視庁は18日、愛知県名古屋市の標本販売会社の社長を逮捕した。TBS NEWSが報じた。
逮捕された柴垣幸弘容疑者(57)は昨年2月、絶滅危惧種に指定され、ワシントン条約で無許可の国際取引が規制されているアメリカアリゲーターの骨格標本について、「おもちゃ」などと偽り、米国にいる知人を通して輸入した疑いが持たれている。
警視庁の調べによると、柴垣容疑者は密輸した骨格標本を103万円で販売。また、過去4年間で別のワニの骨なども100点以上を密輸入し、300万円を売り上げたとみられている。
柴垣容疑者は「会社の売り上げを伸ばしたかった」と供述し、容疑を認めているという。
関連記事
ロシアから木材密輸の中国人に懲役7年
フィリピン税関 ポーランドからの密輸クモ800匹以上を摘発
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала