登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日中外相電話会談 係争中の島嶼、香港、新疆について協議

林芳正外相 - Sputnik 日本, 1920, 19.11.2021
フォローする
日本の林芳正外相は18日、中国の王毅外相と初の電話会談を行い、尖閣諸島(中国では魚釣島)をめぐる情勢や、東シナ海、香港、新疆ウイグル自治区の状況について懸念を表明した。日本の外務省が声明を発表している。
声明では、以下のように述べられている。
「林大臣から、尖閣諸島を巡る情勢や東シナ海、南シナ海、香港、新疆ウイグル自治区等の状況に対する深刻な懸念を表明すると共に、台湾海峡の平和と安定の重要性につき述べました」
また会談で両大臣は、2022年の日中国交正常化50周年を契機に日中両国の経済・国民交流を後押ししていくことで一致した。
さらに会談では、気候変動問題や朝鮮半島情勢など国際情勢についても意見交換が行われた。
関連ニュース
日本政府 石油備蓄の放出要請についてコメントを控える 米バイデン大統領が各国に呼びかけ
日米両国 中国をめぐる全ての問題に取り組むことで合意
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала