登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

好きなだけ休んで! 燃え尽き症候群対策 英投資銀行が無制限の有給休暇を許可

オフィス - Sputnik 日本, 1920, 19.11.2021
フォローする
英国の投資銀行「フィンキャップ・グループ」は、燃え尽き症候群対策として、社員に自分が必要とするだけの有給休暇の取得を認めている。社員は年に最低4週間の有給休暇を取る義務があるものの、休暇期間に上限は設けられていない。同社のサム・スミスCEOがブルームバーグからの取材にあきらかにした。
この決定は、過去6ヵ月間に事業が非常に活発化し、収益が55%増加したことを受けて取られた。
スミスCEOによると、社員には少なくとも年間4週間、さらに四半期ごとに2〜3日の休暇を取ることが奨励される。スミスCEOは「休暇期間には最長限度枠は設けられていませんが、最小限度はあります。あとは本人次第」と強調している。
新しい休暇ポリシーは来年2022年から発効。同社は無期限の有給のほかにもより自由を謳歌できるよう、動物病院の訪問から水道工事の手配まで、休暇届けを出さなくてもよい、様々な策を検討している。
「燃え尽き症候群は2週間の休暇くらいでさっさと解決できるものではありません」とスミス氏は語る。「問題は働き方を正しく変えることができて初めて解決できるのです」
関連ニュース
LinkedInが中枢以外の全社員に有給休暇 パンデミックによる燃え尽き症候群に対処
日本 診断書を偽造し1年間病気休職 大阪府職員を懲戒処分
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала