登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

マクロン大統領、ルカシェンコ体制への圧力強化を呼びかけ

© REUTERS / Stephanie LecocqПрезидент Франции Эммануэль Макрон на саммите ЕС в Брюсселе
Президент Франции Эммануэль Макрон на саммите ЕС в Брюсселе - Sputnik 日本, 1920, 19.11.2021
フォローする
フランスのエマニュエル・マクロン大統領はベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領に圧力行使を継続する必要性について表明し、これによりポーランドとベラルーシの国境で発生している移民の「兵器使用」に終止符を打つ考えを示した。エリゼ宮殿が発表した。
マクロン大統領は18日、ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領、及びマテウシュ・モラヴェツキ首相と電話会談を行った。両国首脳らは会談の中で、ポーランドとベラルーシの国境で生じている情勢について検討を行った。エリゼ宮殿のコミュニケには、次のように記されている。
共和国大統領は欧州がアレクサンドル・ルカシェンコに圧力を行使し、これにより多くの人々の命を危険にさらしているこの手段について終止符を打つ必要性を指摘した。大統領は発生国、トランジット国、及び航空会社との連携を継続することで、これらの移動を阻止し、難民申請を行う権利がない人々の帰還を実現するよう呼びかけている。
また、マクロン大統領は国境付近の移民に人道支援を行う必要性も指摘した。
「ベラルーシ」移民が国境襲撃に子どもを利用 ポーランド国防省 - Sputnik 日本, 1920, 17.11.2021
「ベラルーシ」移民が国境襲撃に子どもを利用 ポーランド国防省
マクロン大統領は15日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と電話会談を行った中で、移民危機の緊張緩和に向けて連携することで合意した。その関係でマクロン大統領は「アレクサンドル・ルカシェンコ氏に影響を行使」するよう、プーチン大統領に要請していた。
関連ニュース
G7諸国 EU国境前で難民危機を作り出したベラルーシを非難
メルケル氏がポーランド首相と会談、ベラルーシとの国境情勢を協議
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала