新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

うつ病やストレスを阻止 研究で効果的な方法が明らかに

© Depositphotos / Mr.Siriwat Nakha女性(アーカイブ)
女性(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 20.11.2021
神経生物学者らが鬱や不安と関係する脳の受容体を発見し、その構造を詳しく調べた結果、この受容体をブロックすることで慢性的なうつ病、ストレスは緩和できることを発見した。研究結果はサイエンス誌に掲載されている。
米フロリダ州スクリプス研究所は2018年、極度の鬱症状の患者の前頭前皮質の中に稀に見る高濃度の受容体GPR158が存在していることを発見した。
女性(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2021
容姿に対する懸念によるうつ病、エピデミックの規模に
スクリプス研究所でこれを発見した科学者らは、米国、英国、インドの大学、研究所と合同でこの受容体の原子レベルでの構造を調べた。研究者らはこの研究でGPR158をブロックすることで将来、うつ病や様々な神経障害の治療方法の開発につながると考えている。
関連ニュース
タイの刑務所で犬を飼育 受刑者の鬱を克服するための試みが導入へ
うつ状態と強い疲労感:研究者がポストコロナ症候群の主たる症状を指摘
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала