登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新型コロナ「デルタ株」の亜型の特徴:典型的な症状が出るのは患者の3分の1のみ

風邪 - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2021
フォローする
インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは、新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」とその亜型の特徴を比較する研究を行った。その結果、亜型の感染者には症状が出にくいことがわかった。
研究では、英国で10月に拡大し始めたと報じられたデルタ株から派生した亜型「AY.4.2」が特に注目された。
研究チームは、10月19日から11月5日までに行われた10万112人のPCR検査の結果を分析した。検査では1399人が陽性だった。さらに「デルタ株」とその亜型が841人から検出され、そのうちの約12パーセントをAY.4.2が占めていた。
AY.4.2の感染者のうち、嗅覚や味覚の喪失または変化、咳などの新型コロナウイルスの典型的な症状が出たのは33%にすぎなかったことがわかった
研究論文の共著者クリストル・ドネリー氏は、このような特徴は、明るいと同時にネガティブでもある可能性があると強調した。同氏によると、咳が出ない場合、唾液の飛沫によるウイルスの拡散を減らすことができるが、その一方で、一般的に人々は症状が出てから検査を受けるため、無症状感染は逆に発生率を高める恐れがあるという。
関連ニュース
デルタ変異株 高い感染力の謎が解明
ビル・ゲイツ氏 新型コロナのパンデミック終息時期を予測
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала