4つのジェットエンジン搭載のドローンが登場

© 写真 : FusionFlightДрон с реактивными двигателями AB6 JetQuad
Дрон с реактивными двигателями AB6 JetQuad - Sputnik 日本, 1920, 22.11.2021
米企業「FusionFlight」が、ローターの代わりに4つのジェットエンジンを搭載したドローン「AB6」を発表した。同機は、垂直離陸が可能で、時速400キロ超で飛行する。同社のサイトで発表された。
現在、クワッドコプターは、民間ドローンでもっとも人気のタイプとなっている。通常、同機には4つの電気モーターと同数のプロペラが搭載されている。同社のスタッフは、根本的に新しいドローンを開発し、ローターをマイクロタービンのジェットエンジンに置き換えた。さらにこのエンジンは、特殊ボディーで確実に保護され、推力偏向システムを備えている。これにより、エンジンのノズルはそれぞれ単独で前後に回転する。また、同機の総出力は149キロワットとなる。
新型ドローン「AB6」の離陸可能な最大重量は60キロで、そのうち20キロは燃料タンクが占める。AB6機は垂直に離陸し、着陸には1.2メートル×0.9メートルの敷地があれば十分となる。同機の最大飛行距離は150キロにのぼり、その水平飛行スピードは時速400キロに達する。同機は、予定ルートに沿って自動飛行し、最大50キロの距離でリモート操作が可能となる。
関連ニュース
生命の痕跡を求め土星の衛星タイタンにドローン発進へ
ドローン無力化のレーザーシステム 仏が実験に成功
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала