登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

広島 洋上風力発電用の作業船が公開される 世界最大規模

フォローする
日本の広島県呉市で23日、洋上風力発電施設の設置のため建造が進められている作業船が公開された。船は全長142メートル、幅50メートルで、洋上風力発電の作業船としては世界最大規模になるという。NHKが報じている。
船の建造は、建設大手「清水建設」からの受注を受けた呉市の造船所が手がける。
船はエンジンが搭載された、自航が可能の作業船。今後、大型の風力発電の設置に対応するため2500トンの重さまで吊り上げられるクレーンが搭載される
建造費用は約500億円で、来年10月の完成を予定しているという。
洋上風力発電は日本国内では実用化した事例が少ないものの、日本政府は将来の主力電源の1つとして2040年までに発電能力を3000万から4500万キロワット(大型火力発電所の30基分以上に相当)に拡大するとしている。
関連記事
世界最大の水上設置型太陽光発電所がタイで公開 一大観光スポットに
英国政府、新たな原子力発電所に資金拠出 ネットゼロ達成に向け=メディア
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала