登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国はウクライナ情勢で躊躇なくロシアに立ち向かう=米国務省

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行米国とウクライナの兵士(アーカイブ写真)
米国とウクライナの兵士(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 24.11.2021
フォローする
米国はウクライナ問題を巡り、ロシアに対して躊躇なく行動する。米国務省のネッド・プライス報道官が表明した。
プライス報道官はウクライナ情勢について質問を受けた中で、次のように発言した。
我々は現政権の発足以来、ロシアの有害な活動を阻止するため一連の措置を行使する用意があり、またその能力があることを示してきた。そして我々は将来的にも必要に応じてこれらの措置を使用するにあたり躊躇することはない。
Эсминец ВМС США «Портер» (DDG 78) - Sputnik 日本, 1920, 22.11.2021
露米、黒海めぐり軍事的緊張高まる
ウクライナ政府、及び欧州各国はウクライナとの国境付近に集中したロシア軍による攻撃的行動が頻発しているとして懸念を表明している。
先に英紙ミラーが消息筋による証言をもとに報じたところによると、英国はロシアが軍事侵攻を予定しているという懸念から、ウクライナに最大600人規模の特殊部隊を派遣する用意を示している 。これに対し、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はロシアがあたかもウクライナへの侵攻を計画しているという主張は荒唐無稽であると表明していた。また、ロシア側には自国内で部隊を自由に展開する権利があると発言し、ウクライナとの国境付近に部隊が集結しているという米国側の懸念に反発した。さらに、ロシアはウクライナ国内における紛争の当事国ではないと一度ならず主張してきた。
関連ニュース
NATOの武器はウクライナの攻勢を助長する=露大統領府報道官
米国 ノードストリーム2に関連して新たな制裁措置を発動
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала