J1リーグ オリベイラ選手が死去 急性うっ血性心不全で

© AFP 2022 / Norberto DuarteБразильский футболист Рюлер (слева) во время матча
Бразильский футболист Рюлер (слева) во время матча - Sputnik 日本, 1920, 24.11.2021
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の第1リーグ、湘南ベルマーレに所属するブラジル出身のオリベイラ選手が、急性うっ血性心不全のため23日に死去した。23歳だった。同クラブの発表をもとに日本のメディアが報じた。
クラブの発表によると、オリベイラ選手は23日午前0時頃、急性うっ血性心不全のため亡くなったとされる。
オリベイラ選手が23日午前、ホームの神奈川県平塚市内で行われた練習に姿を見せなかったことからスタッフが自宅へ様子を見にいったところ、オリベイラ選手が倒れているのを発見したという。
オリベイラさんの死去は23日の練習後、全選手に伝えられた
クラブは、27日に平塚市で行われる徳島ヴォルティスとの試合で献花台を設置する予定。
オリベイラ選手は2015年から2019年まで母国ブラジルのチームに所属。同年7月からはFC宮崎でプレーし、2020年に湘南ベルマーレに完全移籍していた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала