登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

東京電力が福島第一原発1号機の格納容器内部の調査を来年1月に開始

© AFP 2021 / Philip Fong福島第一原発1号機
福島第一原発1号機 - Sputnik 日本, 1920, 25.11.2021
フォローする
東京電力は来年1月中旬から、福島第一原発1号機の格納容器内の調査開始を計画している。1号機は核燃料がメルトダウンを起こしているとされ、溶け落ちた「燃料デブリ」の取り出しが課題となっている。NHKが報じた。
燃料デブリの除去のため、格納容器内に潜水機能付きのロボットが入れらることになる。さまざまな機能を装備した6種類のボート型ロボットの使用が計画されており、内部状況の測定とサンプル採取が予定される。福島第一原発では、すでに2号機と3号機で燃料デブリとみられる堆積物が確認されている。
Специалист проверяет уровень радиации с помощью дозиметра рядом с зданием реактора на атомной электростанции Фукусима - Sputnik 日本, 1920, 22.11.2021
福島第一原発 東京電力社員が内部被ばくの可能性
当初は2019年に調査の実施が予定されていたが、事前準備の遅れから延期となっていた。
関連ニュース
福島第一、処理水放出口付近のトリチウム濃度は30ベクレル/リットル超=東電
福島汚染水の海洋放出の被ばく影響 東電のシュミレーション結果は「極めて軽微」
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала