登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

手にあらわれる危険なコレステロール値の兆候

手 - Sputnik 日本, 1920, 25.11.2021
フォローする
手のしびれや冷えは、血液中のコレステロール値が非常に高いことを示している。英デイリー・エクスプレスが、 米国足の外科学会(AOFAS)を引用して報じた。
AOFASは「血液中のコレステロール値が高いことによって、体内の血管が狭くなったり、詰まったりする。血液が完全に流れない。その結果、チクチクする感覚が生じる。将来的にこれは末梢動脈の損傷を引き起こすおそれがある」と説明した。
足の痛みやけいれんも、動脈の問題の兆候だという。コレステロールが過剰な人は、足のすねや、足首から下の足の部分になかなか治らない潰瘍ができたり、足指の皮膚の色が変わる可能性もあるという。
高いコレステロール値は血管を塞ぎ、心血管疾患のリスクを高める。体の部位によっては、脳卒中や心臓発作を引き起こすおそれがある。
医師たちは、このような合併症を回避するために、アクティブなライフスタイルを送り、不飽和脂肪酸が多く含まれた食事をとるようアドバイスしている。
関連ニュース
人気の菓子が心血管に有益なことが判明
足に注意:危険なコレステロール値の兆候
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала