登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

バイデン大統領がウクライナ大飢饉の犠牲者を追悼、主権と領土保全への支援を表明

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行Пресс-конференция президента США Дж. Байдена
Пресс-конференция президента США Дж. Байдена - Sputnik 日本, 1920, 25.11.2021
フォローする
ジョー・バイデン大統領は1932年から1933年にかけてウクライナで発生した大飢饉「ホロドモール」で犠牲になった市民を追悼した中で、ウクライナの主権と領土保全に対する支援を表明した。
バイデン大統領が発表した声明には、次のように記されている。
ウクライナ国民はホロドモールの悲劇を乗り越え、 自らの精神と強靭さを証明し、最終的には自由で民主主義の社会を築き上げた。ホロドモールの痛みと犠牲者を思い出すと同時に、米国は引き続きウクライナ国民への忠誠を表明し、その主権と領土保全に対する我々の変わらぬ支援を表明する。
バイデン大統領は同様の悲劇を将来的に繰り返さないため、飢饉撲滅に向けて世界的な取り組みを呼び掛けている。
米国とウクライナの兵士(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 24.11.2021
米国はウクライナ情勢で躊躇なくロシアに立ち向かう=米国務省
ウクライナでは1932年から1933年の間に発生したホロドモールを「ウクライナ人に対するジェノサイド」と認定する法律が存在する。この飢饉はソ連の農業地帯を襲い、特に北カフカス、ヴォルガ川沿岸、中央黒土地帯の大部分、さらにはカザフスタン、西シベリア、南ウラルの地域が被害にあった。
統計データによると、この飢饉ではソ連全土で700万人から800万人が餓死し、そのうち300万人から350万人がウクライナに集中していた。またカザフスタンとキルギスタンでは200万人が死亡したほか、ロシア国内の死者は200万人から250万人と見積もられている。
関連ニュース
ウクライナのエネルギー危機は政府高官の仕業=元首相
露米、黒海めぐり軍事的緊張高まる
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала