英銀バークレイズ 2022年の原油価格予想を上方修正

© Sputnik / Maksim Bogodvid / フォトバンクに移行Нефтяные качалки в Республике Татарстан
Нефтяные качалки в Республике Татарстан - Sputnik 日本, 1920, 26.11.2021
英銀バークレイズの専門家は、2022年の原油平均価格予想を約3ドル(約345円)引き上げ、WTI原油価格は1バレルあたり77ドル(約8900円)、ブレント原油は80ドル(約9200円)になるとみている。専門家は、石油の国家備蓄からの放出量が増大するものの、石油産出国側は慎重に対応するとみており、それが原油価格の上昇につながると予測している。ロイター通信社が報じた。
23日から24日にかけて、米国、日本、インド、中国、韓国、英国が原油価格の上昇を抑制するため原油の国家備蓄を放出すると発表した。その発表を受け、23日の原油価格は下落した。しかし、バークレイズの専門家は、「戦略石油備蓄は永続的な供給源ではなく、そのような介入が市場に与える影響は一時的なものだとみている」と指摘する。その専門家によると、石油の国家備蓄が急速に減少することで、新たに備蓄を行う必要が生じ、より多くの原油を購入することになる。それが、原油価格の新たな上昇につながるという。
これよりも前、スプートニクは、中国は石油の国家備蓄から一部を放出する意思を示したが、それは中国と米国の協力関係が改善することを条件としていると報じた。
関連ニュース
バイデン大統領、戦略石油備蓄5000万バレル放出を発表
日本 石油の国家備蓄の一部放出を決定
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала