東京電力 福島第一原発の汚染水処理で難題山積み

© AP Photo / Jae C. Hong福島第一原発
福島第一原発 - Sputnik 日本, 1920, 26.11.2021
東京電力は、同原発で増え続ける汚染処理水を放水するため、海底トンネルの建設を計画しており、27日にも海底の地質調査を開始すると発表した。NHKが報じた。
放射性物質を含む処理水に関しては、日本政府は、規準濃度以下に薄めた上で海洋に放出する方針を立てている。放出は同原発から沖合1キロ先まで建設された海底トンネルを通じて行われることになり、2年後の実施が予定されている。
また、東京電力は、汚染水対策として建て周辺に設けられた「凍土壁」の一部が溶解したおそれがあることを明らかにした
福島第一原発1号機 - Sputnik 日本, 1920, 25.11.2021
東京電力が福島第一原発1号機の格納容器内部の調査を来年1月に開始
「凍土壁」は、第一原発の建屋の周囲に氷の壁を張り巡らし、地下水の流入を抑制することを目的に設計された。その「凍土壁」の一部が溶解した可能性があるとして、東京電力は、地下水の流入を止めるために鉄鋼製の管や板を設置し、今後の対応を検討するとしている。
関連ニュース
福島第一、処理水放出口付近のトリチウム濃度は30ベクレル/リットル超=東電
福島第一原発 東京電力社員が内部被ばくの可能性
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала